相続

相続分野は弁護士が古くから業務として扱ってきた分野です。

贈与と相続はちがうの?

 
 贈与と相続では、財産を家族などに与えるという意味では同じですが、与える時期ということと相続税法に違いがあるという点で大きな違いがあります。贈与というのは、わかりやすく言えば、生きている内に、配偶者や子供にお金などを与えるということですが。相続というのは、死んでからお金や家、土地を与えるということになります。

 そして、贈与には贈与税がかかり、相続には相続税がかかります。同じ財産でも、贈与と相続では税金の金額が違ってきます。一番の違いは、基礎控除の部分です。基礎控除というのは税金がかからない範囲ということで、贈与の場合は、一年間で110万円となっています。与えた人一人についての金額です。これ以上を贈与で与えると税金がかかります。一方の相続の場合は、3000万円に加えて法定相続人の人数に600万円を乗じた金額が基礎控除となります。法定相続人が3人であれば、3000万円+600万円x3=4800万円というわけです。

 これらを超えるとどちらも税金がかかりますが、いずれも累進課税となっているので、与える財産の金額が大きくなればなるほど、税率が高くなり、納める税金も多くなるという仕組みになっています。注意したい点は、相続税を少しでも少なくしようというような意図で、贈与を計画的に続けていたような場合は、後から相続と見なされて、追徴や加算で、馬鹿にならない税金を納めることになってしまうこともあるという点です。もし相続する財産がプラスではなくマイナスになりそうなら、相続放棄という選択もあります。相続放棄弁護士に相談して自分が相続すべきか相続放棄をすべきか相談すると良いでしょう。